読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20代前半からの長期投資!

20代前半から投資に挑戦するブログ 主に投資信託やETFを活用していきます

S&P500に投資するなら経費率が最安のIVV

ブログランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ

以前、VOOというETFを紹介しましたが、同じS&P500をベンチマークとするETFの中でも経費率が最安なのがIVVです。VOOもIVVもリターンはほぼ同一なので、どちらか迷ったら経費率の安いIVVを選ぶのがベターでしょう。

IVVの概要

項目 概要
名称 iシェアーズ・コア S&P500ETF
ベンチマーク S&P500
投資対象 米国株式市場の主要業種を代表するおよそ500銘柄
年平均リターン 4.89%
分配利回り 1.98%
経費率 0.04%
純資産総額 約11兆4107億円(2017年4月17日現在)
設定日 2000年5月15日

ベンチマーク

S&P500です。米国を代表するベンチマークだといえます。日本ではダウ平均株価の方が一般的に取り上げられていますが、ダウ平均株価は30種しか対象にしていないのに対し、S&P500は500銘柄です。S&P500の方が分散性に優れています。

リターン

年平均で4.89%のリターンを達成しています。

f:id:nekutang:20170418184341j:plain

分配利回り

直近の1年間では、1.98%となっています。

VOOとほぼ同じ分配利回りとなっています。

配当
2016 4.523ドル
2015 4.641ドル
2014 3.782ドル
2013 3.345ドル

経費率

経費率は0.04%と極めて低く抑えられています。

S&P500をベンチマークとするETFの中で経費率が最も低いETFです。

?

終わりに

S&P500への投資は投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェットも推奨する投資対象です。これから投資を始めようという方は、まずS&P500へ投資してみるのがいいでしょう。IVVはS&P500に投資するには最適な一本だといえます。

 

 

ブログランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ