読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20代前半からの長期投資!

20代前半から投資に挑戦するブログ 主に投資信託やETFを活用していきます

若い世代ほど積立投資がおすすめな理由

ブログランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ

私はいま20代中盤です。日本人の平均寿命は男性が80歳、女性は87歳ですからあと60年の人生があることになります。

人生は長い。長く生きるには、健康とお金が必要です。将来のお金を今から準備しましょう。

 

将来のお金といっても老後の資金のことだけではありません。確かに年金はもらえるかわからないような時代ですし老後の準備も必要かもしれませんが、その前にも大きなライフイベントはいくつもあります。例えば結婚、子育て、マイホーム、マイカーなどなど。たくさんのお金が必要になる場面は意外とたくさんあります。車も結婚も興味のないあなたはやっぱり老後の資金ということで読み進めてください。

 

将来の資金をこつこつと貯金する?

老後に必要な資金は3000万円と言われています。あなたはこの大金をどう用意するでしょうか?

まずはこつこつとお金を貯めて3000万円用意しようという場合を考えます。

銀行金利はないようなものなのでゼロとします。例えば25歳になった時点から用意を始めるとすれば、60歳になるまで35年間あります。こつこつ貯金するとすれば月に71,500円の貯金が必要です。これはなかなか厳しい金額です。将来的に昇給していくとすればこれくらいの金額は貯められるようになるかもしれませんが、20代中盤の給料を考えると、想像もつかない35年後の老後のためだけに月に70,000円も貯金するというのはあまり現実的ではありません。

そこでおすすめしたいのが積立投資

今回は35年間毎月3万5000円の運用、毎年4%の利益、利息は毎月得られるとして複利運用する、税金はかからないという設定でシミュレーションをすすめます。すると結果は下記のようになります。

元 本 :14,700,000円

利 息 :17,387,185円(!)

元利合計:31,980,583円(!!)

倍 率 :2.18倍 (!!!)

 

なんと上記の設定でシミュレーションを行うと元本は2倍以上に膨れ上がることがわかります。普通に貯金する場合と比較すると、金額は半分未満で済むということです。

※上記のシミュレーションには税金で取られる分は含まれていません。記事執筆時点の税制度では利息に20.315%の税金がかかります。そのため運用成績もシミュレーションとは異なります。

ただの貯金と積立投資、その差はグラフで一目瞭然

普通に貯金した場合と複利運用した場合の差をグラフにしてみました。少し文字が小さいかもしれませんがご容赦ください。

f:id:nekutang:20170326215353j:plain

最初の5年間、30歳頃まではほとんど差がありませんが、徐々に差が大きくなっていくのがわかります。複利運用とはこのように二次関数的に資産が増えていくメリットがあります。

ちなみに年5%で運用できる場合は月3万円、年7%で運用できる場合は月1万8000円の投資で35年後に3000万円を用意することができます。

 

年に4%の運用は非現実的なものではない

下記のグラフはNYダウのグラフです。(背景が6分となっていますが6月が正しい)

http://jp.advfn.com/p.php?pid=chartscreenshot&u=67Bdhkx%2BZK16L%2FHYULq80r8AzjB4N%2Fyo&kslash=s

1985年から2017年までの32年間でNYダウは1500ドルから20600ドルまで、およそ13倍になりました。911やリーマンショックなどの危機を乗り越え、現在では10倍近い株価をつけています。これはおよそ年8%の成長を意味しています。年4%の運用は歴史的に見ても十分に可能です。

ここで大切なことは911・リーマンショックなど、好調に見えるNY市場にも危機が何度も訪れているということです。しかしここで株価の下落を恐れて株を手放してしまった投資家はその後の急成長の波に乗れなかったことになります。

もし今から投資をはじめても、どこかで株価が大きく下がる場面が訪れると思います。そこで慌てずに淡々と積立を続けることです。歴史的にみればその局面を乗り越えて急成長の波が再び訪れるはずです。

ただの貯金ではなく積立投資。興味が湧いてきましたか?

積立投資は、長期間行うことで資産をどんどんと増やしていく方法です。今回は35年を一つの例としてあげました。現実には、定年退職したからといって、投資をやめなければいけない理由はありません。35年の運用期間を、40年、50年と伸ばしていけば、資産はさらに右肩上がりとなって増えていくでしょう。

お金がどんどん増えていくならもっとたくさん運用すればいいじゃないかと思うかもしれません。しかし、未来のお金のために今の生活を極端に切り詰めてはいけません。たとえ35年後にお金が2倍になっているとしても、今使えるお金と35年後のお金の価値は同じではないからです。20代、30代のうちにしか経験できないことはきっとたくさんあるはずです。自分のスキルアップはもちろんのこと、友人関係や旅行など、若いうちにやっておけば将来役に立つ場面が出てくることがかならずあります。お金を使うときは優先順位をつけることが大切です。

 

最初は月に5000円でも十分だと思います。きっとその5000円は未来の自分を輝かせるお金になるはずです。

 

 

ブログランキングに参加しています!応援をお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ