読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20代前半からの長期投資!

20代前半から投資に挑戦するブログ 主に投資信託やETFを活用していきます

米の経済政策・仏の大統領選の結果を受けて円安・株高が進行中

4月21日、米トランプ大統領がマスコミのインタビューに対し、大幅な減税を行うとして、その概要を26日に発表すると答えました。大幅な減税をうたっていたトランプ大統領の経済政策に、市場の期待は高まっています。 23日には、フランス大統領選挙の第…

ETFを選ぶメリット・デメリットとは

ETFとはExchange Trades Fundsの略で、日本語では「上場投資信託」と訳されています。日経平均株価やTOPIX、S&P500といった、各種指数に連動して運用されており、投資信託のインデックスファンドに性質が非常に似ています。 ETFは、投資信…

北朝鮮リスクは一段落?相場は落ち着きつつある

先週より急速に高まっていた北朝鮮リスクは、北朝鮮のミサイル発射失敗以降、落ち着きをみせています。25日には朝鮮人民軍創設記念日を迎え、今後、更なるミサイル発射や核実験などが行われる可能性もあり、今後の展開に注目です。

北朝鮮がミサイル発射に失敗!次の発射や核実験はあるのか?

16日午前6時20分頃、北朝鮮は弾道ミサイルを1発発射しました。発射は失敗に終わったと見られています。投資家は今週のマーケットでどのような反応を示すのでしょうか。

4月15日は「太陽節」、核実験強行はあるか?

今日、4月15日は「太陽節」と呼ばれる北朝鮮の祝日です。金日成主席の誕生日を祝う日となっています。これに合わせて北朝鮮は6度目の核実験の準備を終えたとされています。米国は空母を近隣海域に派遣するなどしており、緊張は一気に高まっています。投…

地政学的なリスクを受けて恐怖指数が上昇中!投資を始めるには時期が悪いか?

トランプ大統領率いる米国は、4月6日、化学兵器を使用したとされるシリアへ向けてトマホークミサイルを59発発射しました。ロシアは猛反発しており、米露の対立が目立っています。また米国は原子力空母カール・ビンソンを西太平洋に向かわせました。北朝…

ダウ平均株価vsS&P500

前回は、日経平均株価とダウ平均株価を比較して、過去30年間のダウ平均株価の伸びが圧倒的に大きいことがわかりました。今回は、ダウ平均株価とS&P500という同じアメリカの株価指数で比較してみます。

日経平均株価vsダウ平均株価

長らくデフレが続いた日本。アベノミクスで株価は大幅に上昇しました。インフレ率2%の達成にはまだ時間がかかりそうですが、不況を少しずつ脱しているように思います。一方、米国ではGDPの拡大が続き、一時期の経済不況をのぞいて、安定した成長を遂げ…