読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20代前半からの長期投資!

20代前半から投資に挑戦するブログ 主に投資信託やETFを活用していきます

値上がり益より配当重視!そんな方におすすめの米国ETFがVYM

ブログランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ

今回は米国株を対象とした米国ETFの中でも、好配当が魅力のVYMを紹介します。

VYMの概要

項目概要
名称 バンガード・米国高配当株式ETF
ベンチマーク FTSEハイディビデンド・イールド・インデックス
投資対象 配当利回りが市場平均を上回る米国株およそ420銘柄
年平均リターン 7.42%
分配利回り 2.96%
経費率 0.08%
純資産総額 約1兆9485億円(2017年3月末現在)
設定日 2006年11月10日

ベンチマーク

FTSEハイディビデンド・イールド・インデックスです。

配当利回りが市場平均を上回る、米国の大型株で構成されています。

投資対象

配当利回りが市場平均を上回る米国大型株、およそ420銘柄です。

構成銘柄上位には、Microsoft、ExxonMobil、Johnson&Johnson、JPMorganなど世界的企業が名を連ねています。

リターン

これまでに年平均7.42%のリターンを達成しています。

f:id:nekutang:20170412171154j:plain

リーマン・ショックで一時大きく値を下げましたが、V字回復しています。

分配利回り

直近の1年間では、2.96%となっています。

VOOやVTIよりも分配利回りが高く、配当再投資に適したETFだといえそうです。

配当は増加傾向にあります。

配当
2016 2.206ドル
2015 2.149ドル
2014 1.908ドル
2013 1.749ドル

経費率

経費率は0.08%と極めて低く設定されています。

 

?

終わりに

VYMは、インカムゲインを重視する方におすすめのETFです。ただし、配当を出していない優良企業は含まれないことになりますので、やはりVOOやVTIなどと組み合わせて保有するのがいいのではないかと考えています。 

 

ブログランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ