読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20代前半からの長期投資!

20代前半から投資に挑戦するブログ 主に投資信託やETFを活用していきます

世界経済全体に投資するなら米国ETFのVT

ブログランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ

世界経済全体を対象として投資可能なのが米国ETFのVTです。これを1つ保有しているだけで、世界の株式市場98%に対して投資することが可能です。投資対象の分散という意味では最強のETFといっていいでしょう。

VTの概要

項目 概要
名称 バンガード・トータル・ワールド・ストックETF
ベンチマーク FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス
投資対象 全世界の株式市場 47カ国 約7700銘柄
年平均リターン 4.66%
分配利回り 2.29%
経費率 0.11%
純資産総額 約7476億円(2017年2月末現在)
設定日 2008年6月24日

ベンチマーク

FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスとは、全世界47カ国の株式市場を対象としています。大型・中型・小型株などおよそ7,700の銘柄で構成されています。

投資対象

何と言ってもVTの最大の特徴は、その投資対象の広さです。

投資可能な世界中全ての株式市場へ投資していて、時価総額の98%以上をカバーしています。具体的には47カ国、およそ7,700の銘柄へ投資されています。(2016年12月末現在)

f:id:nekutang:20170405215325j:plain

これはVTの国別構成比率をグラフで表したものです。米国が半分を占めています。残りの半分は世界各国で構成されています。

リターン

これまでに年平均4.66%のリターンを達成しています。

f:id:nekutang:20170405215505j:plain

設定直後にリーマン・ショックが起こり、基準価額が暴落していますが、すぐに回復しており、その後はほぼ右肩上がりの成長を続けています。

分配利回り

直近の1年間は、2.29%となっています。

S&P500を対象とするVOOや、米国市場全体を対象とするVTIと比べるとやや高いですが、米国高配当株式を対象とするVYMを比べると低くなっています。

配当
2016 1.456ドル
2015 1.414ドル
2014 1.464ドル
2013 1.222ドル

経費率

バンガードらしく、経費率が0.11%と低く抑えられているのも大きな特徴です。

?

終わりに

VTは「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year」で毎年のようにランクインしており、2016年も第3位となりました。経費率の低さと、分散投資の手軽さが非常に魅力的な銘柄となっています。

 

ブログランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ