読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20代前半からの長期投資!

20代前半から投資に挑戦するブログ 主に投資信託やETFを活用していきます

投資をする前に生活防衛資金について考えよう

ブログランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ

f:id:nekutang:20170324234544j:plain

あなたはいくら貯金がありますか?

投資は資金がゼロになる可能性もあります。企業の株を買うとすればその企業が倒産すれば投資した資金は返ってきません。ゼロになります。生活防衛資金を確保しましょう。

生活防衛資金とは

もし投資した資金がゼロになっても生活していけるだけの資金を確保しておきましょう。収入がなくなっても当面の間は生活していける資金のことを生活防衛資金と呼びます。

 

生活防衛資金はいくら必要か

答えは人によって違います。目安は様々ですが、20代の方なら6ヶ月間生活できる資金があればいいのではないかと思います。6ヶ月あれば本気で仕事を探せば見つかるでしょうし、見つからなければアルバイトでもいいです。私の場合は6ヶ月間で50万円と想定しています。6ヶ月分では不安だという方は1年分でも2年分でもかまいません。自分の年代によっても金額は大きく変わってくるでしょう。家庭がある方、ローンがある方など、個々の事情に合わせて生活防衛資金を想定してください。お分かりだとは思いますが生活防衛資金を計算するには家計の把握が不可欠です。月にどれだけの生活費が必要で、月にどれだけ貯金・投資ができるのか、それが分からなければ投資なんてできません。 

 

生活防衛資金が確保できるまで

生活防衛資金が貯まるまでは投資しないほうがいいかというと必ずしもそうは思いません。これは人それぞれだと思います。ちなみに私は貯金ゼロのときから投資をスタートしましたし現在も生活防衛資金の確保に向けて貯金を続けています(つまり50万円に達していない)。ただし同時に貯金も始めています。まずは生活防衛資金を用意することを最優先にし、その中の一部を投資に回すという方法で積み立てを行っています。

 

f:id:nekutang:20170325000355j:plain

生活防衛資金の確保完了、いざ投資

生活防衛資金の確保ができれば、徐々に投資を加速していきましょう。あくまで、積立投資をこつこつと淡々と行うことが重要です。資金が確保できたからといって、一気につぎこんでしまっては、投資ではあっても、積立投資ではありません。

 

nekutangblog.hatenablog.com

ブログランキングに参加しています!応援をお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ